Land Master

土地について詳しく学んでいこう!

山林の土地価格の傾向

山林の土地価格の傾向

あまり知られていませんが、日本の山林は約58パーセントが私有林です。全国の山林の6割はいずれ相続されますが、子の代や孫の代になってくると、処分に困ってくることがあります。
田舎の方は需要があまりなく、所有していても二束三文の土地価格なので放置されているケースが多いのです。
ですが、いつかは処分しなければなりませんが土地が広いところは地価的に低いのです。
土地価格が低い理由としては売買市場が成熟していない点が挙げられます。どのような売買対象も売り手と買い手の総数が多くなければ、市場は活性化せず規模も大きくなりません。山林売買では私有地のごく一部が売りに出されている程度で、買い手も少なく市場は成熟しません。
土地価格が低い山林ですが、環境によっての売買傾向はあります。都市近郊の林地では付近の宅地化における影響があるため価格傾向としては高いです。樹木の種類によって価格は変わり、林道に接しているとそれだけ価値は高くなります。
逆に山村の奥地の林地になりますと、交通が不便ということで価格傾向としては安くなります。

土地の区画整理って得するってほんとう?

区画整理という言葉は聞いた事があるでしょうが、実際に自分の土地が区画整理に該当したケースは早々無いと思います。
区画整理とは主に都道府県が主体となって計画的に行う古くからある道路の狭い場所や、火事になったら抜け道が無いような場所を整理する事業のことをさします。
公のところが事業主になるわけですから民間と違い、最初は穏やかな交渉から始まっても最終的には収用されることになります。強制的に買い取られてしまうことです。
ですが、決して悪い話ではないのです。なぜかというと、もともと国や県が主体にならないとどうしようもないような入り組んだ複雑な権利関係にあるような土地ですので不動産売買においても道が狭い等の理由から大よそ一般の方には売りにくく値をたたかれるのが落ちの持ち物です。
それを公がまとめて買い取り、代替地を用意してくれるか、代償金を支払ってくれるわけです。
区画整理後の整形地としての価値で買い取ってくれるとは限りませんが、大よそ価値が向上する前提での買い取り価格になるわけですからそれに見合う、代替地、買い取り価格を提示されるわけで、当然、住民の方にとっては住みなれた場所を離れるといった精神的苦痛を負う方も少なくは無いでしょうが人間関係が希薄になった昨今、このような計画上に所有地が重なるということは大変ラッキーなことだと思って間違いありません。

『土地 区画』 最新ツイート

@takken_exam

【土地区画整理法過去問】 換地計画において定められた保留地は、換地処分があった旨の広告があった日の翌日において、施行者が取得する。

1時間前 - 2018年09月22日


@yes_tkkn_bot

開発許可不要:都市開発計画、土地区画整理事業、市街地再開発事業、住宅街区整備事業の施行として行う開発行為

1時間前 - 2018年09月22日


@takatsukinews

高槻市成合南土地区画整理組合が設立|建設ニュース https://t.co/Nrr7nAKiOX

2時間前 - 2018年09月22日


ページの先頭へ